Keirin blog

競輪の魅力・情報をわかりやすくご紹介します。

【競輪 初心者向け】 競輪出走表の見方を解説



こんにちは。


出走表には、選手の情報がたくさん載っています。



出走表の見方がわかると、レースの展開や結果を予想することができるようになり、
競輪をより楽しめるようになります。



今回は、競輪の出走表の見方をご紹介します。





選手の基本情報

競輪出走表

出典:morecandence



枠番・車番

1枠から6枠まであります。

1枠が1番車(白)
2枠が2番車
3枠3番車
4枠4番車5番車
5枠6番車7番車
6枠8番車9番車になります。


競輪専門紙などの予想が印で表されています。


◎:本命...最も評価の高い選手
〇:対抗...2番手の評価の選手
▲:単穴...本命、対抗に勝てるかもしれないと思われる選手(3番手評価の選手)
△:連下、連穴...1着は難しいが、2着、3着には入るかもしれないと思われる選手
✖、穴、注、☆...番狂わせがあるかもしれないと思わせる選手


予想の参考になります。


選手名(都道府県、級班(前、現)、脚質)

選手名、都道府県、級班(前回、現在)、脚質を確認します。


脚質

・・・逃げ
・・・追い込み
・・・両方










期別、年齢

期別は競輪学校卒業期

選手の年齢もチェックします。



競争得点

現在の選手の実力、調子を競争得点から読み取れます。

点数が高い選手が現在、実力があり、調子がいいと考えられます。


競争得点は直近4ヶ月の成績によって出されていて、一番点数の高い選手が
2番目に高い選手がで表示されています。


決まり手

:逃げ・・・逃げて1着か2着
:差し・・・先行する選手を追い込んで(差して)1着か2着
:捲り・・・後方から捲ってきて1着か2着
:マーク・・・先行する選手を追走(マーク)して2着

選手の得意な戦法、勝ち方、傾向が数字から読み取れます。

1着、2着に入った回数が記載されています。




B・H・S

競輪バンク

引用:競輪ひろば





B:バック回数
バックストレッチラインを残り半周時に、先頭で通過した回数を表します。

バック回数の数字が多い選手は、残り半周のときには、
先頭で走っていることが多いということになります。


H:ホーム回数
残り1周のホーム・ストレッチラインを先頭で通過した回数です。

回数が多い選手は、逃げの戦法(先行)で戦う選手と考えられます。



S:スタート回数
レースがスタートした後、先頭誘導員の後ろについた回数。

Sの回数が多い選手(ライン)は、スタート後に先頭誘導員の後ろにつく可能性(戦法)が高いと予想できます。



勝率

勝率:直近4ヶ月の1着の勝率(%)


2連対率:直近4ヶ月の2着以内の確率(1着もしくは2着)


3連対率:3着以内の確率(1着もしくは2着もしくは3着)


選手が車券の的中にどれだけ絡んでいるか、勝率から判断できます。



直近成績

レース名(競輪場、レースグレード)、前場所と今場所の成績です。


例)
弥F1...弥彦競輪場で開催されたFⅠレース

1...予選、一般、特秀、特選、優秀、選抜(負け戦)で1位


②...準決勝、選抜(勝ち上がり)で2位
B(小文字)...準決勝、選抜(勝ち上がり)でバックをとって2位 


B(小文字)はそのレースでバック回数をとった選手に記載される



❸...初日特選、2日目優秀、単発、決勝で3位


欠...欠場
落...落車
棄...棄権
失...失格
3補...3日目補充









調子

↑...好調
↓...不調

あまり記載されていることはないので、気にしなくていい項目だと思います。







【競輪 初心者向け】 競輪出走表の見方を解説のまとめ

競輪出走表



競輪の出走表の見方をご紹介しました。

出走表が読み取れると、レースの予想ができるようになり、
競輪がより楽しく、深く見られると思います。

みなさまの参考になれば、うれしいです。










×

非ログインユーザーとして返信する